ドライヤーを選ぶための調査項目

私がドライヤーを買う時に一番重要視しているのは、ドライヤーの性能です。少し値が張っても長く使う物なのでいい物を買おうと、ドライヤー売り場に長く滞在して、隅から隅まで見たり試したりしています。

そこで私が特に重要視しているのは、「nano」機能がついている商品です。

私は少し癖のある髪質なので、4,5か月に1回は縮毛矯正をあてに行くのですが、髪にはすごくダメージがかかり、ドライヤーをすることで、さらに髪が傷むというイメージがあったのですが。

この「nano」機能は髪の毛を傷めず、乾かしながら補修してくれるという、私にはすごく有難い機能で実際に使ってみると、昔使っていたドライヤーに比べ、髪が滑らかになり傷みも減ったような気がしました。

他に「nano」機能以外で重要視しているのが風量です。私の髪は量も多く、乾かすのにすごい時間を取られ、夏場は汗をかきながらドライヤーをしているのですが、それがすごく嫌なので風量はどれだけ強いか必ず確かめます。

でも、風量が強いとやはり音に関してはちょっと気にはなりますが、ほんの数分の間だと思い、音の方は諦めています。

今、使っているドライヤーはその2点を見て選びました。少しお値段は高かったですがすごく満足しています。そんな機能をもってるドライヤーは意外と多く、色んなメーカーが出しています。迷ってる方はおすすめのドライヤーのページで選ばれるとよいでしょう。

ドライヤー業界の傾向として

現在のドライヤー業界では上記の2点「nano機能」と「風量」が重視されている傾向にあると思います。これは私だけではなくて、電器店のスタッフさんも言ってた事ですので間違いないでしょう。

多くの方がnanoと風量で決めてるのには理由があります。nanoは確かに髪の傷みを軽減させてくれるようなイメージがありますし、逆にnano機能がついていないものでは物足りないと感じるレベルになっているからです。

もう1つの風量は当然ですが女性の場合は髪が多いので早く乾かす必要があるから風量が大きい物を調べて選ぶような傾向がある、ということなんですね。

私も色んなドライヤーを調査してきましたけど今のところこの2点は重要項目ですね。

マイナスイオン効果とは

出典:ドライヤーのおすすめはコレ!
1回で効果は感じないかもしれませんが長く使っているとサラサラ、ツヤツヤ、指通り良くなるのを感じるでしょう。